生活で役立つ突っ張り棒以外にも色々な使い道があるアルミ

分譲住宅の新築工事現場で使われている金属材料

やかんが沸騰している

分譲住宅の建材の大半は木材ですが、建築工事では金属材料で出来ている様々な釘やボルトが使われています。また作業で使うショベルカーやクレーン車なども、車体部分の材質は金属材料です。したがって本格的な木造住宅を建てる場合であっても、様々な金属材料に依存していると言えます。更に敷地の周囲を取り囲むフェンスの工事でも、建設会社はアルミなどの金属材料を利用しています。アルミ製のフェンスや門扉は工場で作られているので、現場での設置作業は極めてスムーズに行うことができます。
またアルミ製のフェンスは風や雨に強いのはもちろんですが、錆にも強いというメリットがあります。そのために屋外に設置してから何年経過しても、その美しさを維持することができます。そして建物が完成した後は、分譲住宅の施工会社は内装工事に着手します。建物の内部の工事でも、様々な金属材料が使われています。
特にキッチンや浴室の設備の多くが金属製であり、ステンレスやアルミなどの錆に強い材質が主流を占めています。そして玄関ドアやサッシにも金属が使われており、耐久性に優れたガラスを併用すると防犯効果も高まります。このように住まいの安全性を高めるために、いろいろな箇所で金属が活用されています。

Information