生活で役立つ突っ張り棒以外にも色々な使い道があるアルミ

教育現場で使われる金属材料の特徴とは?

アルミ素材の台所用品

小中学校や高校などの教育現場でも、様々な場所で金属材料が活用されています。特に理科や化学の授業で使われる実験器具や実験材料が、代表的な事例として挙げられます。理科の実験では酸化や還元について学ぶことが多く、理科室では銅やスチールウールなどの金属材料が使われることが多いです。また実験器具自体が金属製であり、波長や電圧などを調べる計器類にも様々な金属材料が使われています。
そして磁石が付きやすいために、教室や職員室などでは鉄製の掲示板が使われています。鉄製の掲示板であれば、画鋲を使わなくてもポスター類を貼り付けることが可能です。更に生徒用の玄関の下駄箱の多くが、スチールなどの金属材料で出来ています。以前は木製の下駄箱が主流でしたが、耐久性に強みがあるために金属製に置き換わっています。
そして学校内の体育館や視聴覚教室などにも、金属の部品が使われている様々な設備があります。マイクやスピーカーにも金属製の部品が内蔵されており、校舎内の生徒に情報を伝える場合にも大きな役割を果たしています。また学校教育ではリサイクルについて教える機会も多く、児童や生徒が金属材料の回収や再利用について学ぶこともよくあります。

Information