生活で役立つ突っ張り棒以外にも色々な使い道があるアルミ

突っ張り棒の素材はアルミの他にどんな種類がある?

沢山の1円玉

暖簾やカフェカーテンを掛ける際に、広く利用されているのが突っ張り棒です。使いたい場所の長さに合わせて使える便利なツールで、低価格で購入できる点でも人気があります。キッチンの窓や廊下の飾り窓などにカーテンを掛けたい場合は、ぜひこの突っ張り棒を活用していきましょう。購入する場合、100均で準備する方も多いようですが、低価格の品でも品質はばっちりです。
突っ張り棒の見た目はプラスチック製と思われがちですが、金属材料のアルミ丸棒が使われているものが多く、強さがあります。物を掛ける棒としてアルミ製品を使用したい場合は、太いものを選ぶことでより強度が高まります。あるいはアルミ以外の金属材料の突っ張り棒を選ぶことで、さらに使いやすくなります。例えば突っ張り棒の素材としてステンレスが使われているものもあり、強度が期待できます。
太いタイプも細いタイプもあり、ステンレスは錆などが発生しにくい金属材料として、水回りの使用にも向いています。市販されているタオル掛けなども、ステンレス製のものが広く販売されています。また太いパイプのステンレス製突っ張り棒も、選べます。突っ張り棒も使う場所や用途に合わせて、最適な素材で選んでみてください。

金属材料の中でもアルミ棒・板でできた製品は非常に多い

身の回りに金属材料できた製品は多くありますが、その中でもアルミでできた製品は棒など様々な形状があり、非常に多いです。マイナーな物からメジャーな物まで、金属材料で作られている多くの物にアルミが使われています。さまざまなものに加工できるように、アルミ棒やアルミ板などさまざまな形状で販売されています。
では、棒・板以外にどのような製品があるのかというと、小さなものだと名刺入れや携帯灰皿などが挙げられます。金属材料だと重くなってしまう事も多いので持ち運びに向かないという事もありますが、アルミであればその心配はありません。その為、持ち運ぶ事が前提の名刺入れや携帯灰皿などにアルミが使われる事が多いです。高級感もありますし、錆び難いので人気は高いです。
室内だとアルミの鍋やフライパン、ヤカンなどがあります。どれも料理好きには定番のアイテムです。アルミは軽いうえに熱伝導率が高いので、調理道具に使うのに最適な材料です。多少値段が高くなりますが、見た目もレトロで可愛らしく、購入して損な事はありません。
他には、錆び難く軽いという利点を活かしてガーデンチェアーなどもあります。こちらも一般的なガーデンチェアーと比べると値段が高くなりますが、錆びずに長期間使えるという事でとても人気です。もちろん見た目もお洒落な物が多いので、細部にまでこだわるのでしたらとてもおすすめできます。

アルミは棒・板・筆記具等色々な形に変わる

最近では安価なプラスチックを使った筆記具だけではなく、金属材料から作られている高価な筆記具も増えています。とくにアルミを使った筆記具は非常に多いです。シャープペンシル、ボールペン、万年筆など多くの棒状筆記具で、アルミが使われています。
なぜ金属材料の中でも棒状の筆記具にアルミが使われる事が多いのかという事ですが、理由はいくつかあります。例えば、軽いというのがその一つです。重い筆記具にも利点はありますが、女性だと筆記具はできるだけ軽い方が良いという事も多いのではないでしょうか?さらに、アルミは錆び難いので手で握る筆記具に最適です。もちろん丈夫でもありますので、アルミ棒やアルミ板にも使われています。アルミは筆記具に適した金属材料はないと言えます。
また、最近ではアルミを使った定規や筆箱も人気です。軽さや丈夫さがあるだけではなく、金属なのにどこか温かみがあるというのが人気の理由の一つです。高級感のある定規や筆箱、筆記具などはちょっとしたプレゼントとしても喜ばれています。アルミ以外の金属材料を使った筆記具も増えていますので、変わった筆記具を使ってみたいと思ったら色々試してみてはどうでしょうか?同じ金属製でも金属の種類が変われば使い心地も大きく変わりますので、試して損はありません。

さまざまな場面で使えるアルミ棒ですが、もし製造分野に携わる方で綺麗なアルミ棒を注文したいのであれば【イーメタルズ】がおすすめです。

Information